ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
弟の血の色ってこと?! 
2005.06.23.Thu / 11:36 
20050623105549.jpg

「セントジョーンズワートの消毒液」

母が子供の頃、野山に自生しているオトギリソウの花を摘み、消毒用のアルコールに漬け込んで傷用の消毒液を作っていたそう。
私も作ってみようと思い、セントジョーンズワート(和名:西洋オトギリソウ)の花が咲き始めてからチョコチョコ摘んでは乾燥して集めていたのです。
10gくらいは集まったので早速作ってみました。

<材料>
・乾燥したセントジョーンズワートの花…10g
・消毒用エタノール…100g

清潔なビンに花を入れて、消毒用エタノールを注ぐだけ。
暗く涼しいところにおいて2、3週間エキスを抽出します。
毎日ビンをゆすってあげるといいです。

画像は漬け込んで数時間後のもの。
すでにエキスは真っ赤。
日にちがたつとさらに濃い赤になって、まさに血の色、、、
黄色い花なのにね、、、

オトギリソウ(弟切草)の名前の由来は、兄が弟に秘薬の作り方を口外しないように言っていたにもかかわらず、約束を破り弟は口外してしまったのです。(きっと事情があったのだろう、、、と推測)
激怒した兄は弟を刀で切って殺してしまったのだとか。
そのとき飛び散った血がそばに咲いていたオトギリソウについたので
オトギリソウの花や葉っぱに黒い点がたくさんついているのだとか、、、(きゃ~)
まぁ、この抽出エキスを見れば誰もが血を連想してしまうでしょうし、
こういう伝説が生れるのもわかる気がします。

出来上がった消毒液は清潔なガーゼやキッチンペーパーなどで花を濾して液体だけにし
遮光ビンに移して冷蔵庫の野菜室で保管します。
(間違って飲んだりしないように十分気をつけて保管してください)
1年たったら新しいものに作りなおしてください。

使い方はコットンにこの消毒液を適量しみこませて
消毒したい患部に塗布し消毒します。
オトギリソウのエキスには消炎、消毒の作用があるそうです。
小さなやけどや小さな傷にお使いください。
広範囲や粘膜付近への使用や、長期の使用はしないでください。
もちろん飲んだりしないように。
アルコールやオトギリソウにアレルギーがある方は特に
使用して異常があった場合には使用しないように。

<注>このレシピはねね魔女自身が自己責任で作り使用しているものを紹介したものです。
レシピを真似て作り、使った方にトラブルがあったとしても責任は負いかねます。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト弟の血の色ってこと?!のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ねね魔女

  • Author:ねね魔女
  • ほんとうの魔女ではありません。

    高知の山奥に住んでいる。

    瞑想大好き。

    マザーアースの力を日々いただいて暮らしています。

    サイト『シークレットガーデン』の管理人。
    http://park6.wakwak.com/~s.g/
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 ◆ねね魔女ラボ◆ All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。