ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2005年06月の記事一覧
≪05month
This 2005.06 Month All
07month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梅肉エキス 
2005.06.26.Sun / 13:28 
20050626130257.jpg

梅肉エキス大好き。
強烈な酸っぱさが癖になるっていうか。
疲れているときとか、お腹がすっきりしないってときには
マドラースプーンにすくって酸っぱい顔をしながら舐めるのです。
思いだすだけでもほっぺの内側がくすぐった~い。^^;

梅肉エキスには加熱することでできる有効成分(ネットで調べてちょ)が血液をサラサラにするらしい。
疲労やお腹の不調にもよいとかで
昔祖母の仕事仲間が必ず梅肉エキスを携帯していて、仕事先で舐めていたらしい。
まぁ昔から健康食品としてポピュラーだったってことですね。

我が家でも今年たくさんの梅が収穫できまして、母が作るというのでお手伝い。
結構大変で時間のかかる作業でした、、、
使う梅はまだ青いものがよいそうなのでもしかしたら時期的に遅いかな。
もしも青梅が手に入ったら手作りしてみてはいかがでしょう。

20050628194643.jpg


<材料>
・青梅…7kg(計ったらこのくらいあった)
    100g程度の梅肉エキスができあがりました。

洗った梅は木杓子などで押しつぶして中の種を取り出します。
果肉だけをフードカッターでできるだけ細かく刻みます。
(お水はいれないでね)

20050628194730.jpg


布袋に入れて果汁を搾り、土鍋に入れて火にかけます。
アルミとかのお鍋で作ると梅の酸でおなべが傷みますよ。
後はふきこぼれないように火加減をみながら煮詰めていきます。
アクが浮かんだら取り除きます。
作る量にもよりますが出来上がるまで数時間はかかるので気長に待ちます。
出来上がりの目安は水の入ったガラスコップに少し垂らしてみて
底に沈むまで溶けない程度の硬さです。
でも、硬すぎるとスプーンもたたないカチコチのエキスになるので注意。
お鍋の中で熱いうちはやわらかいけれど、冷めると硬くなるので見極めがちょっと難しいかも。
出来上がったエキスは清潔なビンに移します
スポンサーサイト
弟の血の色ってこと?! 
2005.06.23.Thu / 11:36 
20050623105549.jpg

「セントジョーンズワートの消毒液」

母が子供の頃、野山に自生しているオトギリソウの花を摘み、消毒用のアルコールに漬け込んで傷用の消毒液を作っていたそう。
私も作ってみようと思い、セントジョーンズワート(和名:西洋オトギリソウ)の花が咲き始めてからチョコチョコ摘んでは乾燥して集めていたのです。
10gくらいは集まったので早速作ってみました。

<材料>
・乾燥したセントジョーンズワートの花…10g
・消毒用エタノール…100g

清潔なビンに花を入れて、消毒用エタノールを注ぐだけ。
暗く涼しいところにおいて2、3週間エキスを抽出します。
毎日ビンをゆすってあげるといいです。

画像は漬け込んで数時間後のもの。
すでにエキスは真っ赤。
日にちがたつとさらに濃い赤になって、まさに血の色、、、
黄色い花なのにね、、、

オトギリソウ(弟切草)の名前の由来は、兄が弟に秘薬の作り方を口外しないように言っていたにもかかわらず、約束を破り弟は口外してしまったのです。(きっと事情があったのだろう、、、と推測)
激怒した兄は弟を刀で切って殺してしまったのだとか。
そのとき飛び散った血がそばに咲いていたオトギリソウについたので
オトギリソウの花や葉っぱに黒い点がたくさんついているのだとか、、、(きゃ~)
まぁ、この抽出エキスを見れば誰もが血を連想してしまうでしょうし、
こういう伝説が生れるのもわかる気がします。

出来上がった消毒液は清潔なガーゼやキッチンペーパーなどで花を濾して液体だけにし
遮光ビンに移して冷蔵庫の野菜室で保管します。
(間違って飲んだりしないように十分気をつけて保管してください)
1年たったら新しいものに作りなおしてください。

使い方はコットンにこの消毒液を適量しみこませて
消毒したい患部に塗布し消毒します。
オトギリソウのエキスには消炎、消毒の作用があるそうです。
小さなやけどや小さな傷にお使いください。
広範囲や粘膜付近への使用や、長期の使用はしないでください。
もちろん飲んだりしないように。
アルコールやオトギリソウにアレルギーがある方は特に
使用して異常があった場合には使用しないように。

<注>このレシピはねね魔女自身が自己責任で作り使用しているものを紹介したものです。
レシピを真似て作り、使った方にトラブルがあったとしても責任は負いかねます。
梅雨の青空に伸びる花「エキナセア」 
2005.06.20.Mon / 15:39 
20050620153755.jpg

遠くからでも目を引く鮮やかなピンク色の花。
たくさんの蝶や蜂たちを引き寄せる魅力があり
華やかで女性的でもあるけれど力強さも感じます。
そばで見ているだけでそのパワーを分けてもらえる気がするので
私のコンパニオンプランツ(?)かもしれません。

エキナセアは根、茎、葉、毬花、全草がハーブティーとして利用できます。
特に根に一番有効成分が多いので、秋にほりあげて乾燥させ保存するのがよいのですが
ほりあげてしまうのはなんだかかわいそうですよね、、、

エキナセアのハーブティーはあまり癖もなく飲みやすいほうです。
風邪や膀胱炎の予防には欠かせないので私はかなりお世話になっています。

エキナセアは宿根草で栽培はとても簡単ですよ。
秋か春に種を蒔きます。
発芽まで2週間くらいかかることもありますが発芽率はいいほうなので気長に待ちます。
苗はポットに移して10センチくらいまで育ててから定植します。
冬場は地上部が枯れてしまうので枯れちゃったかと心配になりますが
春、暖かくなるとどんどん新芽が伸び、初夏に花を咲かせます。
種になるまでほっとくとこぼれ種が翌春に芽を出すくらい丈夫なハーブです。
ST.ショーンズワートの花と蜂 
2005.06.17.Fri / 13:35 
20050617131804.jpg

庭先の石垣の上に3年前に植えたST.ジョーンズワートの花が今年もたくさん咲きました。
写真を撮ろうとしたらちょうど蜂さんがお仕事にいらっしゃったので激写。
蜜をとるのに夢中なのか全然逃げようとしないのでじっくり観察。
足には黄色い花粉球がコロンてついていてかわいい。^^
胴体は毛がいっぱいでふわふわなのね。^^

ST.ジョーンズワートの花と葉っぱには黒い点々がついています。
この写真では蕾をみるとわかるかも。
花は6月の始め頃から1ヶ月くらいは次々と咲き続けるので
わたしは時々花だけを摘み取ってます。
摘み終わる頃には、指先が真っ赤になります。
摘み取った花は紙の箱に広げて乾燥させ保存します。

次回はこの乾燥させたST.ジョーンズワートの花を使った傷薬を紹介します。^^
甘酸っぱい恋の味? 
2005.06.15.Wed / 22:26 
20050615215329.jpg

ワイルドストロベリーが真っ赤に熟れて、、、
甘酸っぱい香りがなんともいえず、、、
今年はこの1株とビニールハウスで己生えで育った2株のみ。
雨が少なくお天気が続くので、毎日美味しそうな実が少しずつ採れます。
2~3年前に『幸福をつなげるハーブ』とかってすごく流行りましたね。^^
一株が500円くらいしたっけ。^^;

去年はこのワイルドストロベリーはももちゃんの絶好のおやつでした。
(ももちゃん)20050615215349.jpg

お散歩でワイルドストロベリーのある畑に来ると直行。
株の中に頭を突っ込んで、
きように熟して甘いのだけをパクって食ってた。
がしかし、今年は全然食べようとしないのです。
私が熟したのをとってあげると口にはいれるけどすぐにポイって。
う~~~んなんでかなぁ。
まぁ別にももちゃんが食べなくてもいいんでけどね。
私が食べちゃいますから。^^

そうそう、いつかいっぱい育ててジャムができるくらい収穫できたらいいな。
シークレットガーデンのカモミール畑♪ 
2005.06.10.Fri / 20:44 
20050610202850.jpg

1000株ほどのカモミールが満開です。
甘い香りが一面に漂って、とってもいい気分のガーデン。
今年も母とふたりでがんばって収穫しました。
(あ、彼も1日だけ手伝ってくれた)
この時期に1年分のカモミールの在庫を作るのですからかなり忙しいのですが
一面のカモミールの中に埋もれるようにして行う摘み取り作業は
あまり苦にならないほど、、、
収穫したカモミールの花は自然乾燥。
今年もとても香りよくキレイに仕上がっています。
人気のドライ・ジャーマンカモミール、今年採れたてを販売開始です。
↓摘み取り風景、母です。
20050610204126.jpg

| BLOG TOP |
プロフィール

ねね魔女

  • Author:ねね魔女
  • ほんとうの魔女ではありません。

    高知の山奥に住んでいる。

    瞑想大好き。

    マザーアースの力を日々いただいて暮らしています。

    サイト『シークレットガーデン』の管理人。
    http://park6.wakwak.com/~s.g/
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 ◆ねね魔女ラボ◆ All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。