ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
手作り石けん の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆レシピ◆パーム核オイルのリキッドソープ  
2006.02.10.Fri / 15:09 
パーム核オイルLS

なんだか拍子抜けするくらい簡単にできあがりました。
透明でキレイなリキッドソープの素の完成です。

<材料>
・パーム核オイル…120g
・苛性カリ(純度85%のもの)…35g
・精製水…70g
・無水エタノール…35g

今回も中村純子さんの『手作りのリキッドソープとクレイ』を参考にしました。
15分くらいですっかり透明なペースト状に。
あまり硬くならないうちにタッパーに入れて1日発泡スチロールの箱の中で保温。
すこし取り出し3倍のお水で薄めます。
1時間ほど放置していたら自然に溶けていました。
ホホバとマカダミアで作ったのと違って、サ~ラサラなソープ。
これをPH測定。
約PH8の弱アルカリ。大成功♪
泡立ちもとってもよくっていい感じ。
早速お風呂で洗顔と全身に使いました。
肌あたりも申し分ありませんよ。
洗顔後も突っ張り感が意外となくて固形石けんよりわたしはあうかも。

リキッドソープの詳しい作り方は↓の本を参考にしてくださいね。


翌日はシャンプー代わりに使ってみました。
意外とたくさんソープを使わないと泡だたない気がしました。
シャンプー用には濃い目に(2倍くらいかなぁ)リキッドにしたほうがよさそうです。

やっぱり石けんですので少々キシキシするので
クエン酸小さじ半分くらいを洗面器半分のお湯に溶かしてリンスにしました。
とたんにさらさらぁ~の髪に。*^^*
よく濯いげば完了。

ドライヤーで乾かしていて感じたことは
髪が柔らかいってこと。
いい感じでしたよ。
固形の石けんシャンプーは今ひとつ使い心地が気に入らなかったけど
リキッドソープのシャンプーは続けていけそうです。^^

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
化粧品材料、精油、オーガニックドライハーブを買うなら
◆シークレットガーデン◆
充実の品揃えとお手頃価格がうれしいですね♪
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
スポンサーサイト
◆レシピ◆ホホバ&マカダミアナッツオイルのリキッドソープ 
2006.02.08.Wed / 16:16 
ホホバ&マカダミアLS

なんだかバニラアイスのようで美味しそうなリキッドソープの素が出来上がりました。*^^*

<材料>
・ホホバオイル…59g(70ml)
・マカダミアナッツオイル…63g(70ml)
・苛性カリ…20g
・精製水…45g
・無水エタノール…35g

中村純子さんの『手作りのリキッドソープとクレイ』を参考にしました。
でもぉ、、、なかなか「ペースト状」といわれる状態にならなくて、、、
弱火で湯煎にかけながら1時間以上混ぜ混ぜしました。
やっとペースト状になりやや透明感のあるクリーム色になったのでタッパーに入れて1日発泡スチロールの箱の中で保温。
取り出したらすっかり硬くなっていました。
でも、スプーンですくえるくらいの硬さなので扱いやすいです。
すこし取り出し3倍のお水で薄めます。
1時間ほど放置していたら自然に溶けていましたが、ジェルみたいにとろとろです。
これをPH測定。
約PH8の弱アルカリで申し分なし。*^^*
早速お風呂タイムに使ってみました。

・・・泡立ちません・・・
^^; あははぁ~なぜでしょう。
やっぱりココナッツとかパーム核オイルとか入れないとあわ立ちがわるいのかな。

リキッドソープの詳しい作り方は↓の本を参考にしてくださいね。


数年前にリキッドソープの作り方を検索して何度か作ったことがあるのですが
PHが強アルカリで、クエン酸で調節しようとしたらなんだかオイル分が分離(?)したようになったりで
使い心地も今ひとつだったんです。
久しぶりにこの本を手にして作ってみたのですが
以前は未反応油脂ができないように苛性カリの量を105%の量で作ってたんですね。
だから強アルカリになったんですけど。(当たり前ですね)
そしたら酸を加えてPH調節が必要になるものの、これがうまくいかないんですよね。
なので、今回は苛性カリの量を100%で作ったところ、、、
弱アルカリで出来上がり、それに未反応オイルもないようでリキッドにしてもオイルが浮いてきませんでした。
PH調節をする必要もないので楽チン。*^^*
ただ、、、ホホバとマカダミアでは泡立ちが悪いことが判明。
次はパーム核オイルがあるのでリキッドソープの素を作ってブレンドして使うことにします。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
化粧品材料、精油、オーガニックドライハーブを買うなら
◆シークレットガーデン◆
充実の品揃えとお手頃価格がうれしいですね♪
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
STジョーンズワートの石けん 
2005.10.21.Fri / 21:51 


(添えてある葉っぱはSTジョーンズワートの生葉)

<レシピ>約400gバッチ
・ST.ジョーンズワートフラワー
 インフューズドピュアオリーブオイル…160g
・ひまし油(キャスターオイル)…40g
・パーム油…100g
・パーム核油…100g
・ステアリン酸…10g
・ROE(ローズマリーオイルエキストラクト)…1ml
・ST.ジョーンズワートフラワーエキス
 (65%濃度エタノール抽出)…15ml

ディスカウントは5%
苛性ソーダ(アルカリ量)…56g
四万十川の源流水…120g

以前作ったST.ジョーンズワートのドライの花を使って作ったインフューズドオイルとエキスをふんだんに使用しました。
(というか使い道に困ったので、、、)
↓ST.ジョーンズワートフラワーインフューズドピュアオリーブオイル
20050723131608.jpg

↓ST.ジョーンズワートフラワーエキス
20050623105549.jpg


泡立ちもよく硬く溶け崩れしにくい石けんが好きなので
レシピの配合もその点に工夫してみました。

アルカリ液を加えた後のオイルの色はほとんどベージュ。
トレースは比較的早く出、オプションの真っ赤なエキスを加えたとたんモスグリーンに。
意外な色の変化にわくわくしたけれど、混ぜているうちに徐々にピンクがかったベージュに。

型入れ後1日で切り分けて乾燥。
仕込から1ヶ月ほどたったので本日解禁し使ってみました。^^

泡立ちはたぷりしっかりでGOOD。
香りはエキスのエタノール臭が残っているけれどこれは乾燥が進むと徐々に薄くなると思う。
洗い上がりはさっぱりすべすべで大満足です。

ST.ジョーンズワートは肌につけて日にあたると肌トラブルが起こる可能性もあるらしいので
インフューズドオイルをスキンケアに使うにはちょっと抵抗があるけれど
石けんは洗い流すものなので気にするほどではないかなと個人的に判断して使いました。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
化粧品材料、精油、オーガニックドライハーブを買うなら
◆シークレットガーデン◆
充実の品揃えとお手頃価格がうれしいです♪
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


超音波即製器 ”ききさいしゅ”ー季々彩酒ー


ききさいしゅ楽天ではここ←のショップが一番安いかも。インフューズドオイルもエタノール抽出エキスも私はこれで即製してます。
* テーマ:手作り石けん - ジャンル:趣味・実用 *
カレンデュラ・インフューズドオイル 
2005.09.21.Wed / 15:27 


「ききさいしゅ」を使ってのインフューズドオイル。
左がカレンデュラ・オレンジのドライの花びらをそのまま使用したもの。
右がミルで少しだけ挽いてから付け込んだもの。
それぞれピュアオリーブオイル150gにカレンデュラ10gの割合です。

先に花びらそのままのほうをききさいしゅにセットして即製コース温度設定50℃で48時間漬けこんだのですが思ったような色が出ず「あれ?」って感じだったんです。
で、今度は花を細かくしてしまえっ~って同じく即製コース温度設定50℃でこちらは24時間。
全然一目瞭然。

あらかじめ漬けこむハーブを細かくしておいたほうがしっかり色がオイルに移っていますよね。
心配していた濁りもほとんどなくてすばらしくきれいなインフューズドオイルができあがりました。^^
大満足です。

ちなみにですねぇ、
少ない量を漬け込むとき、ききさいしゅの中で瓶が水に浮かんでぷかぷかしちゃいますので
わたしはマグカップを瓶の上に乗せて固定してます。
ヒーターが比較的上部にあるため水の量はきちんと上の線までまで必要です。

果実酒即製機『ききさいしゅ』はこちら↓で購入できますよ。^^
画像をクリックしてください。
美味しい薬用・果実酒が1日でできる!季々彩酒(ききさいしゅ)
インフューズドオイルも即製しちゃいました 
2005.07.23.Sat / 13:38 
『ききさいしゅ』の購入にあたってはフルに活用したいと思っていたので
メーカーに事前に使用方法について問合せしたのですが
一番気にしていたのはインフューズドオイルも即製できるのかってこと。
で、返事は「可能」。
これを聞いたらやっぱり買うしかないでしょう。^^
まずはヤマモモ酒や育毛エキスの即製に使ってそのよさを実感。^^
で、インフューズドオイルにも挑戦してみました。

<材料>
・ピュアオリーブオイル…300g
・STジョーンズワートの花(ドライ)…20g

専用のビンに入れて、即製で設定温度を50℃にしてみた。
そして24時間後、出来上がり。
キッチンペーパーで濾したらキレイなピンクがかったオイルになってました。
きれ~^^



早速石けんを作ろうっと思ったけれど、パームカーネルオイルが切れていたので残念。
昨日注文したので届いたら早速作ってみよっかな。

インフューズドオイルはハーブをオイルに漬け込んで2~4週間かけて作るでしょ。
日のあたるところに置いてゆすって、、、
そうしてるとなんか酸化臭もやっぱりしてくるんですよね。
酸化しにくいオリーブオイルを使うことが多いけれどやっぱ気になる。
この即製機を使うと極力酸化が抑えられると思うのね。
スイートアーモンドオイルでインフューズドしたいときなんかは特にいいかも。
温度の設定も自由にできるし。^^
なんか、やっぱいいもの手にいれちゃったかなぁ。(笑)
これからの手作り石けん、手作り化粧品ライフが楽しくなりそう!

果実酒即製機『ききさいしゅ』はこちら↓で購入できますよ。^^
画像をクリックしてください。
美味しい薬用・果実酒が1日でできる!季々彩酒(ききさいしゅ)
| BLOG TOP |
プロフィール

ねね魔女

  • Author:ねね魔女
  • ほんとうの魔女ではありません。

    高知の山奥に住んでいる。

    瞑想大好き。

    マザーアースの力を日々いただいて暮らしています。

    サイト『シークレットガーデン』の管理人。
    http://park6.wakwak.com/~s.g/
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 ◆ねね魔女ラボ◆ All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。