ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
手作り化粧品 の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
UVカットクリーム(お手軽編) 
2006.04.12.Wed / 11:27 
UVカットクリーム

久々に手づくり熱がUPしてますねぇ。
手持ちのUVケアクリームがなくなってきたし、
ますます日差しも強くなってきているので
本腰を入れてUVカットクリームを作ってみました。

今回はシークレットガーデンでも発売予定の
クリームベースを使ってのお手軽作成です。

<材料>60mlクリーム容器1個分
・酸化亜鉛…小さじ1(約3.5g)
・超微粒子酸化チタン…小さじ1(約2.5g)
・ホホバオイル…小さじ2(10ml)
・クリームベース…50g
・ラベンダー精油…2~3滴
・TGR…1~2滴

<作り方>
・酸化亜鉛と酸化チタン、ホホバオイルを乳鉢に入れて練り
 ペースト状にする。ヘラを使うと便利。
・クリームベースを少し加えては混ぜ、を繰り返す。
・精油とTGRを加えたらさらによく混ぜ合わせ
 クリーム容器に入れて完成♪
(簡単すぎぃ)

使用感はというと、、、
少し白っぽくはなるけれど、白浮きするほどではない。
クリームが市販のものよりも伸びが悪いけれど
UVカット目的なのでたっぷりしっかり塗ります。
べたつき感は思ったよりないです。
化粧下地にも使ってみましたが、特に問題ないです。

まだ暑くないこの季節には丁度いい感じですよ。
真夏向けにもっとさらっとした使い心地のものも研究してみますね。


*このレシピは『カラリングコスメを手作りしよう!』を参考に
 アレンジして作ったものです。
カラリングコスメを手作りしよう!

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
化粧品材料、精油、オーガニックドライハーブを買うなら
◆シークレットガーデン◆
充実の品揃えとお手頃価格がうれしいですね♪
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
スポンサーサイト
◆実験◆エキス化粧水へのTGRとGSEの添加 
2006.01.28.Sat / 22:04 
生薬などのエキス(アルコールやBG抽出)を使った化粧水の保存を効かすために
GSE(グレープフルーツシードエキストラクト)やTGRを使いたいところ。
ただ、GSEとエキスの相性があまりよろしくなくいことは知られています。
ではTGRはどうなの?ってことで実験してみました。

TGRの成分の一部にもグレープフルーツシードから抽出された成分(GSEかどうかは分からない)が使われていることから
もしかしたらだめかも、、、

実験結果は↓


左が『TGR』右が『GSE』

<実験の方法>
・精製水…45g
・生薬エキス(ユキノシタ、ヒース、ウワウルシ、ソウハクBG抽出絵エキス)…5g
をビーカーふたつに入れて同じ濃度(10%)の生薬エキスを作る。
左のビーカーにはTGRを
右のビーカーにはGSEをそれぞれ0.25ml(全量の0.5%程度)加えて混ぜる。

画像で分かるように、右側のGSEを加えたほうはすぐに白濁し一晩置くとビーカーの底にはうっすらと沈殿物も見えました。
左側のTGRのほうはわずかににごっているようにも見えますが、、、

『セルフケアクリニック』のしんちゃんの話によれば

「GSEにはプラスのイオンとなるカチオン系界面活性剤が配合されていることが多く、
それが殺菌の主体となるのですが、生薬のマイナスイオンの有効成分とくっついて 沈殿するという問題があります。」

とのこと。
この場合はGSEの殺菌効果やエキスの有効成分の効果が半減(なくなる?)ということらしい。
TGRを使用したほうは目だった白濁も沈殿物もないことから
TGRの殺菌効果もエキスの有効成分も損なっていないないと推測できますね。

抽出したエキスの材料によっても相性が合う合わないがあるかもしれませんので
実際に薄めたエキスにTGRやGSEを添加してみて、白濁や沈殿があるかないか確認したほうがよさそう。

*TGR…新保存料ともよばれ、成分はティートリー、グレープフルーツシード、ローズマリーから抽出した成分に加え、人工保存剤(ジアゾニジニル尿素、メチルパラベン、ポリパラベン)0.5%含みます。
水分と油分両方に溶けるので、手作り化粧品の保存剤には便利なアイテム。
優れた殺菌・保存力があるため、メーカーのはなしでは0.5%加えると3~4年は保存できるそう。

*GSE…成分は60%GSE 40%植物由来グリセリン。
グレープフルーツの種から抽出されてた天然の保存料です。
水分の腐敗防止に0.5%~1.0%添加して使います。
オイルには溶けません。
クリームや乳液の保存には、ROEを0.15~0.5%添加したオイルを使い、出来上がり総量の0.5%のGSEを最後に混ぜます。2年は保存ができるようです。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
化粧品材料、精油、オーガニックドライハーブを買うなら
◆シークレットガーデン◆
充実の品揃えとお手頃価格がうれしいですね♪
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

生薬エキスを使った化粧水の作り方は
『セルフケアクリニック』がとても役に立ちますよ。^^
◆レシピ◆ネロリのかかと用クリーム 
2005.12.04.Sun / 16:17 



<材料>約30ml分
・ホホバオイル…小さじ1(約4g)
・エマルシファイイングワックス…小さじ1/2(約1.5g)
・精製水…20ml
・尿素…小さじ1/4(約1g)
・キサンタンガム…小さじ1/32(*SMIDGENすり切り1)
・ネロリ…3滴
・TGR…3滴
(*ミニ計量スプーン シークレットガーデンで販売)

<作り方>
ビーカーをふたつ用意します。
ひとつに精製水を尿素、もうひとつにオイルとワックスを量って入れ
同時に湯煎にかける。
オイルの中のワックスを混ぜながら完全に溶かす。
湯煎からふたつのビーカーをはずして、水と尿素をオイルのほうのビーカーに加える。
ミニ泡だて器、または電動クリーマーなどで軽く混ぜキサンタンガムを加える。
冷めてもったりするまでさらにしっかりと混ぜる。
ネロリとTGR(保存料)を加えて混ぜれば出来上がりです。

<ポイント>
オイルは好みのものにかえてもよいでしょう。
エマルシファイイングワックスが通常のクリームの半量程度です。
その分キサンタンガムのジェル化する力をかりてクリームにします。
そのためとても滑らかで伸びのよいテクスチャーに仕上がります。
保存料はTGRを使います。GSEはキサンタンガムとの相性が悪いので使えません。
尿素は全体の3%程度。
好みで加減できますが、高配合はお肌に刺激を感じる場合があるので注意して。
ネロリは皮膚を軟化させる効果があるとされるオレンジの花の精油です。
尿素との相乗効果を狙ってみました。

<使い方>
お風呂上りなど、日に2~3回程度かかとやひじなど硬い角質が気になる部分にしっかり塗りこみます。
このクリームはわたし的にはかなりお気に入りで、使い続けてたらかかとのひび割れもほとんどなくなったし、角質が柔らかくなりました。
夜用のハンドクリームとしても使っています。
冬場にはかかせないクリームです♪

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
化粧品材料、精油、オーガニックドライハーブを買うなら
◆シークレットガーデン◆
充実の品揃えとお手頃価格がうれしいですね♪
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
ハーブと生薬の美白エキスの作り方 
2005.11.20.Sun / 14:09 
<材料>
抽出液
 ・1,3ブチレングリコール(BG)…100g
 ・精製水…100g
ハーブ&生薬
 ・ヒース…5g
 ・ユキノシタ…5g
 ・ウワウルシ…5g
 ・ソウハクヒ…5g




<作り方>
1.ハーブと生薬は数秒ミルでひいて細かくする。
2.清潔なビンに抽出液を作り1のハーブと生薬を入れる。
  「ききさいしゅ」を使って24時間で即製する。
  または3~4週間日光の当たらないくらい場所で保管し
  毎日1回はビンを軽く振る。
3.リードを重ねてエキスを漉す。
4.清潔なジャムビンに入れてしっかり蓋をし熱湯で20分煮沸消毒する。
  自然に冷まして冷蔵庫で保存。

使うときはエキスの上澄みをシリンジなどを使って取り出します。
エキスの量は化粧水の5%以下の配合で。

超音波即製器 ”ききさいしゅ”ー季々彩酒ー


ききさいしゅ楽天ではここ←のショップが一番安いかも。インフューズドオイルもエタノール抽出エキスも私はこれで即製してます。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
化粧品材料、精油、オーガニックドライハーブを買うなら
◆シークレットガーデン◆
充実の品揃えとお手頃価格がうれしいですね♪
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

生薬エキスを使った化粧水の作り方は
セルフケアクリニックがとても役に立ちますよ。^^
ハーブと生薬のコラボ…美白狙い化粧水… 
2005.11.17.Thu / 19:54 



ヒースにもウワウルシと同じように美白成分のアルブチンが多く含まれています。
ハーブティーとして飲むのも大好きなヒースですが
今回は生薬とミックスして美白用のエキスを作り化粧水にしてみました。
これからの季節向けに保湿効果ももたせています。

<材料>100ml(3週間分)
・エキス…5ml
・ヒアルロン酸…3ml
・植物性グリセリン…5ml
・資生堂肌水…87ml

<作り方>
全部量りながら混ぜるだけ。
ちょっとだけ詳しく説明いたしますとぉ、
100mlのビーカーにヒアルロン酸とグリセリンとエキスを量りながら入れて混ぜ、
肌水を100mlの線まで注いで混ぜ、ビンに移します。
20051117192330.jpg


肌水を基材にしたので常温保存で3週間もちますが
モヤモヤしたものが中に発生したら作りなおします。

防腐剤のない精製水を使う場合は冷蔵庫保存で数日が限度。

エキスの配合量は5%を超えないように、刺激があるようなら少なくします。

保湿力を高めたいときにはヒアルロン酸とグリセリンを少しずつ増やして調節します。
グリセリンは10%を超えないように注意してください。

100mlってけっこう量があるので、惜しまずたっぷり使いましょう。
私はお風呂上りにコットンから滴るくらい化粧水をふくませ、
しつこいくらいにパタパタしてます。
その後クリームなどで水分の蒸発を防ぐようお肌に蓋をします。*^^*

今回作ったエキスの詳しい作り方はこちら

また、生薬化粧水の作り方などは
『Self-Care CLINIC』がとっても詳しく説明されているので参考になると思います。^^

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
化粧品材料、精油、オーガニックドライハーブを買うなら
◆シークレットガーデン◆
充実の品揃えとお手頃価格がうれしいですね♪
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
プロフィール

ねね魔女

  • Author:ねね魔女
  • ほんとうの魔女ではありません。

    高知の山奥に住んでいる。

    瞑想大好き。

    マザーアースの力を日々いただいて暮らしています。

    サイト『シークレットガーデン』の管理人。
    http://park6.wakwak.com/~s.g/
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 ◆ねね魔女ラボ◆ All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。