ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
つぶやき・・・ の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
湧き水で浄化、、、 
2006.07.29.Sat / 14:19 


家の裏に出ている湧き水に手を浸して、、、
パシャパシャ、チャバチャバ、、、
水の感触を楽しんでいたんです。

ふと、お部屋の石たちも浸してあげようと思いました。
きっと石たちからのテレパシーです。

ガラスのボールに浄化用のアメジストクラスター
その上にダウジング用の水晶のペンデュラム
そしてダブルポイント水晶のシャーマンダウ

ねぇねぇ、気持ちよさそうでしょう。*^^*
石たちすごく喜んでるでしょう。
しゃがんでその場にいるととっても心地いいんです。
石たちに同調したのか暑さも感じないし
爽やかで気持ちいい。
ゆっくり自分の中を見つめることができそうよ。
今から瞑想。
スポンサーサイト
「やすけ」の魂を持つひと 
2006.06.01.Thu / 16:36 


↑ラベンダー 花言葉『許しあう愛』


わたしは今世で「許す」というだけでなく
許したうえで「愛する」という課題も与えられていたようです。


「やすけ」は山で足に大怪我をおい
瀕死の状態で「くさ」のところへ運び込まれました。
秘伝の薬のおかげで命はとりとめ
足を引きずるようにはなったものの快復したのです。

やすけはその秘薬をくさの家から盗みだし
役人はそれを高く買い取りました。
そのことがきっかけでくさは死んでしまうことになってしまったのです。

やすけはまさかくさが殺されるようなことになるとは思いもしなかったでしょう。
命を救ってくれたくさに対して、なんてひどいことをしてしまったのだろうと
自分のおかした罪を悔やんだに違いありません。
くさに償わなくては、、、

その思いを魂に刻んだままやすけは今世に生まれ変わります。
くさの生まれかわりの私が生きている現代に
罪の意識を持ち、罪を償うという課題を持って。

そして、、、
やすけの魂をもつ彼は、くさの魂をもつ私を
ちゃんと探しだしたのです。

やすけの魂を持つ彼とは、、、
わたしのよきパートナーのえいすけさんです。


今わたしは彼に守られています。
色んな面でわたしにとって最高のセラピストです。

今世の彼の課題は罪滅ぼし。
彼の魂はいつもわたしに「ごめんなさい」という気持ちを抱いているようです。
(えいすけさんは「そんな風に思ったことないけど」と言ってましたが(笑))
そしていつもわたしを守ってくれているようです。

わたしの魂はもう彼を許しているでしょう。
それどころか、彼と出会えたことを心から感謝しているし
心から彼を愛しています。

人を許せずにいた自分自身を許し
許せなかったひとを許し
全てを受け入れ
全てを自分自身のように思い愛すること。
それが今世のわたしの課題なのかもしれません。
* テーマ:前世 - ジャンル: *
『許す』が今世の課題 
2006.05.31.Wed / 15:52 


ツルコケモモです。
花言葉は「傷ついた心を癒す」。


わたしの前世「くさ」は何故秘伝の薬のレシピを話そうとしなかったのでしょう。
そんなによく効く薬なら作り方を話したほうが人の役にたつのではなかったのでしょうか?
そうすれば殺されずにすんだのでは?

でも、くさは話さなかった。
口外してはならないという家の掟を破ってしまうと
助かったところで裏切り者になってしまう。
『弟切草』の伝説の弟のように。
秘伝の薬の作り方を話してしまい兄に切り殺されるという話がふと心に浮かんできました。

くさは自分の運命を受け入れたのだろうか。

恩を仇で返すような仕打ちをした若者を恨んだのだろうか。

その恨みはあの世へ帰っても長く消えることがなかったのではないのだろうか。

300年の間許すことが出来ず
再び「許す」という課題を与えられ現世に生まれてきたのかもしれない。


わたしは子供の頃の体験でトラウマを持っていました。
一生そのことは許さないと心に誓っていたんです。
思い出すたびに胸が苦しくなり、何故こんな辛い思いをしないといけないのか
自分をもせめて、許せずにいました。

でも、今年になってから導かれるようにスピリチュアルな世界を知り
色んな本とであって読み漁り、
大事な人ともいっぱいいっぱ話をし
そして、知らないうちにそのことが許せる自分がいたんです。
あんなに恨んで一生許さないと思っていたのに、、、

そして、今回のリーディングで前世を知りました。
このタイミングで知ることになっていたんですね。

リーディングではまだ私の中のくさの魂は
「許しているような、許せないような、、、」というまだ複雑な心境のようだと。
私は、私のそばに居るであろう、おくささんに話しかけました。
「大丈夫。もう許してるよね。」って。

そして、
くさを死に追いやった若者「やすけ」にも
「もう許してます。」と。
* テーマ:前世 - ジャンル: *
前世の名前は「くさ」でした 
2006.05.30.Tue / 18:01 


↑これも通称「くさ」といいますけど、、、
大麻草です。

前世を見てもらいました。

時代は徳川の4、5代くらい。

今の富山県の山奥のほうで小作農を営む家の長女として産まれ

名前はくさ。

代々その家には特定の草を使って秘伝の薬を作っていて
そのこともあり、代々長女は「草」って名前がつけられていたんだそうです。

ヨモギに似た形の葉でもっと鋭角にとがった植物と
リーディングの回答ではなっていましたが
もしかしたら大麻草だったのかしら、と。想像です。^^

あまりによく効く薬だったので
狐つきではないかとか、いわゆる魔女ではないかとかよからぬうわさはあったけれど
それでも人々はその薬をもらうために、風邪をひいたりお腹をこわしてたり、怪我をしてもくさのところを訪れていたようです。

くさのところに、あるとき山で大怪我をした若者が瀕死の状態で運び込まれてきて
怪我がひどかったのでくさはその薬をいつもよりも多めにつけてあげたそうです。
若者は命をとりとめ足の怪我もよくなったのですが、、、

若者はその恩を仇で返すようにして、くさの家から薬を盗み
役人に売ってしまったんです。
その薬もなくなると、役人たちはくさを捕らえ
作り方を聞き出そうとしたのですが
秘伝で硬く口止めされていたくさは言いませんでした。
結果、殺されてしまったんです。

と、わたしの前世ですが、かなり要約して書きましたが
もっと細かく詳しく説明されていました。*^^*


そっかぁ。殺されてしまったのね。
ちなみに38歳。今のわたしの年齢です。

ハーブや薬草に興味を持ち
今の仕事や趣味があるのも前世の影響のようです。
大麻に興味を持ってしまったのもそうかもしれません。
そして、今回のリーディングではもっとたくさんのヒントがありました。
それはまたの機会に。*^^*
* テーマ:前世 - ジャンル: *
ケール畑で瞑想に耽る 
2006.05.25.Thu / 17:36 
20060525173412.jpg

この前はカモミール畑で瞑想でしたが
今朝はケール畑です。^^
(画像はハニーサックル)

1週間に1~2回、早朝にケールの収穫を手伝ってます。

清々しい空気はきっとマイナスイオンが飽和状態。

人工的な音もせず、ただ風と小鳥と川の流れる音だけが聞こえてきます。

時々野山で咲き始めたハニーサックルがス~っとして甘い香りを漂わせるなか

一心にケールの葉の茎をポキポキ折るのです。

心の中で
「ケールを折った」
「かごに入れた」
「ケールを折った」
「かごに入れた」
「立ち上がった」
「一歩進んだ」
「ケールを折った」
・・・・・・
と動作をひたすら中継します。

ヴィパッサナー瞑想ですね。気持ちいいです。

瞑想に飽きたら空想の時間に移行。

ケールの収穫は1時間半くらいで終了です。

ちなみにケールは、、、遠藤青汁になります。
プロフィール

ねね魔女

  • Author:ねね魔女
  • ほんとうの魔女ではありません。

    高知の山奥に住んでいる。

    瞑想大好き。

    マザーアースの力を日々いただいて暮らしています。

    サイト『シークレットガーデン』の管理人。
    http://park6.wakwak.com/~s.g/
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 ◆ねね魔女ラボ◆ All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。